毛が長いモフモフ感のある生地がいい!と言うご希望をお客様からいただくことがすごく多いんですね。

比率で言うと9割ぐらいのお客様が希望されます。

たしかにベルボアとかソフトボア等の一般的にぬいぐるみで使われる生地は手触りもいいです。

抱き心地も気持ちよいので弊社でもおすすめしていますしよく使います。

しかしデメリットもあるんです。

それは毛が長いので生地に印刷するのが難しいんです。

例えばTシャツとかカバンなどに使われる生地は毛長が無いので印刷プリントしやすいんですね。

なので洋服屋さんでも色々なデザインの柄がTシャツやカバンに印刷されていると思います。

でもぬいぐるみにプリントされている生地って実はほとんどがサテンとかフェルトとかの毛が無い生地なんです。

機会があればおもちゃ屋さんや雑貨屋さんで売っているぬいぐるみをよく観察してみてください。

毛が長い生地には印刷ではなく刺繍されているはずです。

刺繍だと毛が長くても綺麗に再現できるんです!

例えばこんな感じです。
http://nuigurumi.tv/service/nuigurumi/nuigurumiseisaku_tachika/

ちなみに毛が無い生地にプリント印刷するとこんな感じです。
http://nuigurumi.tv/service/nuigurumi/nuigurumi-8/

比較していただくと分かるのですがプリント印刷は細かいパーツまで綺麗に再現されています。

これが印刷の大きなメリットです。

毛の長さが2mmぐらいあるだけで印刷が難しくなるのです。

できないこともないのですがけっこう無理があります。

特にパーツのデザインが細かくて色数も多いとけっこうかなり大変です。

例えばこんな感じになります。

生地プリント印刷

生地プリント印刷

ぬいぐるみを制作するときは何を取って何を捨てるかという選択が必要になることも多々あります。

印刷してパーツの再現性を取るか刺繍にして仕上がりの綺麗さを重視するか。。。

避けて通れない道ですが物づくりの楽しみでもありますね!

現在ぬいぐるみ制作専門店SUPYでは新しいスタッフを募集中です。

ぬいぐるみを作る仕事がしたい!と言う方ぜひご応募ください。

詳細は求人内容をご確認ください。

ブログにも採用に関する情報を掲載しておりますので合わせてご確認いただければと思います。

沢山のご応募お待ちしております!