オリジナルぬいぐるみをかわいく製作してほしい!というご要望を日々お客様よりいただきます。

デザイン通りに製作してあるけどなぜかかわいくない。
そもそもぬいぐるみってどうすればかわいく作れるのかわからない。

今日はそんなお悩みをお持ちの方に向けてぬいぐるみ製作専門店ならではの5つのコツをお教えします。

1か条:とにかくできる限り形状は丸くしましょう!

ぬいぐるみ制作前のデザイン画のキャラクターが丸くない場合でもぬいぐるみにする際はできる限り丸みをおびた形にすることをおすすめします。

思い切って大幅にデフォルメしても良いと思います。

今となっては日本中で大人気のゆるキャラ「くまモン」も誕生時は細く痩せているデザインでした。

その後、現在の丸く太った形にして人気が爆発しました。

ゆるキャラグランプリでグランプリを受賞したバリィさんも丸い形ですね。

誰もが知っている「ドラえもん」も丸型です。

特にぬいぐるみの場合は丸さが無いとかわいらしさが損なわれてしまいます。

できる限り丸っこい形にすることを心がけましょう。

参考事例:http://nuigurumi.tv/service/

 

2か条: サイズは1頭身もしくは2頭身にしましょう!

人間の場合スーパーモデルが8頭身でスタイル抜群と言われたりします。

ぬいぐるみの場合は出来る限り1頭身もしくは2頭身に近づけるほうがかわいらしく制作できることが多いです。

例えば下記のぬいぐるみは1頭身に手足をくっつけたデザインですのでかわいらしいですよね。

ぬいぐるみ制作事例

立った姿勢で2頭身にするなら下記ぐらいのバランスがちょうど良いです。

ぬいぐるみ制作事例:たちかにゃんC30cm

本来は3頭身のデザインだったとしても下記のように足を曲げて座るポーズにすると2頭身になります。

特に足が長く人間的なデザインの場合はデザインを座るポーズに変更しその分、頭と身体を大きくするとかわいく仕上がります。

ぬいぐるみ制作事例

 

3か条: サイズは小さくなりすぎないように気を付けて!

サイズは小さくても8cm程度のほうが良いです。

できれば10cm以上にすることをおすすめします。

サイズが8cm以下ですと小さくなりすぎてしまい制作することが難しくなってきます。

複雑なデザインにしすぎたりパーツが多かったり細かいとごちゃごちゃしてしまいます。

結果うまくぬいぐるみを製作できません。

綿も詰めにくいですし小さいので縫製も細かくなります。

ぬいぐるみを量産する場合は量産に耐えうる仕様にする必要があります。

1体だけの製作とは大きく異なりますので注意が必要です。

サイズが大きいほうが顔のパーツや付属品も表現しやすいのでクオリティを上げやすいです。

特にぬいぐるみ制作が初めての方はサイズが小さいと難しく感じてしまいます。

20cm〜30cmぐらいで作ると作りやすいです。

 

4か条: 身体は小さく頭は大きく!

頭が大きいと頭でっかちになっておかしいのでは?と思う方もいらっしゃると思います。

しかしぬいぐるみの場合は頭と身体のバランスは頭が大きく身体を小さくしたほうがかわいらしくなりやすいです。

ぬいぐるみ製作事例:うさメロン18cm

ぬいぐるみは顔のインパクトが非常に重要です。

ただし、あまりに顔を大きくしすぎてしまうと頭が重過ぎて不安定になってしまいますので注意しましょう。

特にぬいぐるみのサイズが大きくなればその分頭部の重さが増します。

しっかり安定するようなデザイン設計を心がけてください。

人間には首がありますがぬいぐるみを作る時は首を無くしましょう。

直接頭と身体をくっつけたほうが頭が重くても安定するのでおすすめです。

お尻で座らせる場合、座りを良くするのにオススメなのがペレットという材料を使うことです。

ぬいぐるみ製作の経験が無い方には馴染みがないかもしれませんがお尻にビーズのようなものを入れると考えてください。

参照:ぬいぐるみ製作時に使用するペレットとは?

 

5か条: シンプル is ベスト!

結局、最終的にはここに行き着きます。

そう「シンプルisベスト」これが真理です。

ぬいぐるみはデザインをシンプルにしたほうが結局1番かわいくなりやすいです。

元のデザインが複雑な場合は出来る限りシンプルなデザインに修正して制作しましょう。

これが非常に重要です。

特にサイズが小さい場合はシンプルにしないとパーツが多過ぎてごちゃごちゃしてしまいかわいらしさが損なわれます。

形も出来る限り1頭身か2頭身にして丸みがあるシンプルなデザインにすることでかわいらしいぬいぐるみが作りやすいです。

全てのぬいぐるみに当てはまるわけではないですが上記5つの条件を意識して製作することで失敗を回避できる可能性が高まるので参考にしてください。

逆に最近のゆるキャラなどのちょっと変わったキャラクターでオリジナルのぬいぐるみを製作したい場合は上記の条件とは違うことをすると良いかもしれませんね!

ふなっしーなどはその典型だと思います。

オリジナルぬいぐるみの製作はお任せください。

東京のぬいぐるみ制作会社No1を目指して多数のぬいぐるみを作成してきました。

実績に自信があります!見積り無料!問屋等仲介業者は使いません。

工場直取引のため安い価格でオーダーメイドできます。

オリジナルのぬいぐるみ製作のご依頼は東京のぬいぐるみ製作専門店SUPYまでお問い合わせくださいね!