ぬいぐるみを製作する際「ペレット」という材料を使うことがあります。

ぬいぐるみ製作時に使用するペレット

ぬいぐるみ製作時に使用するペレット

ペレットとはぬいぐるみの中に入れるビーズのようなもので重量感をだすために重しとして使用したり抱き心地を良くする為にクッションに入れたりぬいぐるみのお尻部分に入れて座りを良くしたりと様々な使い方があります。

用途次第なので一概にデメリットというわけでもありませんがペレットはビーズのような粒になりますので綿ではなくペレットのみをぬいぐるみの中に入れた場合、形状が崩れて安定しなくなります。

クッションや抱き枕等、形状が崩れても問題の無い商品に最適です。

ぬいぐるみの形状にもよりますが主にお腹やお尻に入れて製作することが多いです。

お腹にペレットを入れると重しとなり重心も安定します。

お尻に入れると座りがよくなり安定しますし重しにもなります。

ペレットと綿を混合して製作する場合ぬいぐるみを手で触るとペレットがぬいぐるみの中で動いてしまいます。

ペレットの位置を安定させたい場合は別途ペレットを包む生地を用意した上で袋状にしてからぬいぐるみの中に入れ綿と混合させると安心です。

素材はプラスチック製のものから木質のものなど種類があります。

ぬいぐるみを製作する場合はプラスチック製のものを使用するとぬいぐるみを洗濯する際にも濡れて染み込む心配がないのでおすすめです。

以上、ぬいぐるみ製作時に使用するペレットに関する説明でした!

ぬいぐるみ製作専門店SUPYではぬいぐるみのデザイン企画から型紙製作サンプル作成・量産までワンストップで対応いたします。

オリジナルぬいぐるみの製作はお任せください。

東京のぬいぐるみ制作会社No1を目指して多数のぬいぐるみを作成してきました。

実績に自信があります!見積り無料!問屋等仲介業者は使いません。

工場直取引のため安い価格でオーダーメイドできます。

*量産する場合のみでのお取り扱いとなりますのでパーツのみの販売、単品や数個での販売、個人様への販売は行っておりません。

オリジナルのぬいぐるみ製作のご依頼はぬいぐるみ製作専門店SUPYまで!